新人くんが季節外れの5月病だぞ…

こんばんは。
最近割と忙しい日々を過ごし、やーっと落ち着きました。
こう忙しいと、さすがの俺でも疲れが溜まってきています。
だが、俺よりももっとダメージを受けている人が…

新卒社員として営業に入ってきた新人がどうも参っている様子。
初めは疲れているなりに元気に出社していたのが、最近は朝から挨拶に元気がなく常に眠そうだ。
季節外れの5月病ならば仕事に慣れてくれば、だんだんと調子も戻ってくるのだが、ここで新人が辞めるなどど言い出したら残念なので食事に誘って話を聞いてみることにした。
いわゆる、ゆとり世代言われる新人君。
非常識というわけではないが、少しドライな一面がある。
飲みに誘っても簡単に彼が来るとは限らないため、食事代を全額出すから夕食を一緒に食べてほしいと誘い連れ出すことに成功。
俺もかつて先輩に連れてきてもらった居酒屋へ行くことになった。

最近の繁忙期をよく乗り切ったな~と話しつつ、入社してみてどういう心境なのか聞いてみることに…
初めは、ゆとりなんて言われないように先輩が言うことはすべて実行をしていたらしい。
気が利かないなんて言われないように色々と気を抜かないように対処していたようだが、それがだんだんと疲れていったようだ。
ここだけの話、明日には忘れるから思っていることは話せよと、新人君の愚痴をたくさん聞いた。
俺も先輩にこうしてもらったなと思いつつ、新人君はスッキリしました!と帰っていたので、今日の俺のミッションは終了しました。

まぁ、働いていたら仕事のスランプなんて軽いもんだと後々気付くだろう。
今日は疲れたのでこのへんで。