腕脱毛4回目、グランデ効いてるな

こんばんは。

桜も青葉が増えだした今日この頃だが、
俺の腕の毛はどんどん減っていってるぞ。

今の俺の腕毛さんはこんな具合だ。

0403_01

だいぶまばらになっている。
レイボーテスピーディで2回、グランデにしてからまだ1回だがここまで減ったぞ。

0403_02

手首に近いあたりが結構剛毛で、スーツの袖からの腕毛チラリズムが気になっていたんだが
ここまで減ったらもう裾からモサァってなる危険はないな。

ちなみに脱毛する時って照射前には1回剃るのだが、俺はいつもヒゲ用のカミソリで剃っている。

0403_03

安心のGillette、4枚刃で剃り残しなし。フェイスラインにぴったりフィットは伊達じゃなく、
ヘッドもスムーズに凹凸に沿ってくれるから肘や手首あたりの曲面も剃りやすい。

そうそう、事前に剃るのはちゃんと理由があるんだぞ。
家庭用脱毛器の光って黒い部分に反応するような波長らしいんだ。
で、これで毛の根元の細胞にダメージ与えて毛が生えないようにするってことなんだが、
毛自体が長いままだと毛全体に威力が分散されて根元に集中しないらしい。

だから、事前に処理といっても毛抜きなんかで抜いてしまうとそれはそれで黒い所が無くなってしまうので
逆に効果が出なくなる。
「剃る」ということが重要なんだぞ。

さて、豆知識は置いておいて早速剃ろう。
肘のコーナリングもGilletteさんならお手の物。

0403_04

肘のあたりって痛覚が鈍いから下手な剃り方だと気づかない内に切れてたりする。
最近の若いやつと同じでキレててもキレてるかわからないから気をつけないといけないぞ。

では照射。
グランデの照射面積がすんげー広いってのは前回も言ったが、これの良いとこは「早く処理が終わる」ということだけじゃないんだぞ。

普通の家庭用脱毛器だと、手首まわりなんかの起伏がある部位は照射が結構面倒なんだ。
平面に押し当てないといけない機種もあるから、なかなかうまく照射できない。
利き腕じゃないほうだと尚更だな。

ところがどっこいレイボーテグランデの照射面積をもってすれば、
多少の凹凸は気にせず打てるんだ。
誤照射に配慮しつつのこの仕様、感涙モノだぞ。

0403_05

もちろん、腕の平面ゾーンの照射も手早い。
大胆なのに小回りが効いて話が早い、グランデみたいな彼女が欲しいぞ(遠い目)

0403_06

こんな感じでサクっと完了。
また一歩無毛に近づいたわけだ。

0403_07

だんだん暖かくなってきたし、ゴールデンウィークくらいには腕まくりしちゃうぞ。
腕まくりどころかタンクトップ着ちゃうぞ。

では、今日はこの辺で。
次回も乞うご期待だぞ!