東京脱毛器男子2「六本木タワーマンションへ引っ越した先には…」

天使が去った後に現れた「救世主」は脱毛済み

 

彼女結婚するものだと信じ込んでいた僕は、その日を境に荒れました。会社からまっすぐ帰宅せず、同僚を誘って飲みに出かけ、捕まらない日はひとり居酒屋をはしごする。そんな生活を三ヶ月も続けました。もう、身も心も肝臓もボロボロ。

 

そんな時です、六本木のクラブで彼と知り合ったのは。一緒に行ってた友達の顔見知りで、名前はユウヤ。筋肉質でがっしりした体型でスーツが似合う青年で、聞いてみたら僕と同じ30歳。いい感じで肌が焼けててすごく貫禄があるんですけど、でも笑った顔は子犬のようで、人懐っこい感じ。

「この辺りでコンサルティング会社をやってるんですよ」と彼は僕に言いました。

 

仲のいい若手経営者の友達と六本木にあるタワマンに部屋を借りてふたりで暮らしているそうです。いいですよね、そういうの。若い男が夜な夜な夢や野望について語る場所って。自分が平凡な人間な分、憧れちゃいます(笑)

脱毛器男子4

東京西部の、ファミレスや大型商業施設しかないような僕の地元ではまず見ない光景ですからね。
そんな風に話をしていたら、どうやら僕がテンション上がっているのが伝わっていたんでしょうか、

 

「今からうち来る?」

 

「金曜だし終電ももうないでしょ。落ち着いた場所で飲み直そうよ」

 

と言われたんです。もちろん即OKしました。

 

着いたのは、そこから歩いて5分くらいのところにあるタワマン。そこの17階にユウヤは住んでいました。窓から見える東京の夜景が信じられないくらいに綺麗に輝いていて、うっとりしたのを覚えています。

脱毛器男子6

 

子供の頃、『天空の城ラピュタ』が好きだったんですけど、現実の「天空の城」に住んでるのは冒険大好きな少年じゃなく、金持ちの大人の男なんですね(笑)モノトーンで統一された家具はシンプルだけど、すべてお洒落。間接照明や程よく部屋を照らし、Bluetoothからはクラシック音楽が流れる。

 

ユウヤがワインセラーから出してきてくれた年代物のワインを飲みながら、僕は「これは現実なのかな」と思いました。

脱毛器男子5

話をすればするほど、ユウヤはいいやつで。青臭いですけど、

 

「こいつとなら友達になれそうだ」

 

って思ったんですよ。ほら、中高の時に感じたことあるでしょ? 全然違うタイプで、スクールカーストなんかも別なんだけど、なぜか気があって信じられる、みたいな。ああいう感じです。

 

※※※※※

ユウヤから「一緒に住まないか?」と言われたのは、それから1ヶ月後のことです。不思議ですよね。今までずっと凡人の自覚を胸に謙虚に生きてきたのに、彼女にこっぴどく振られて六本木のタワマンに住むようになるなんて。

 

直樹は予想通りの肉食人間でした。経営するコンサルティング会社は、社員が20人もいるにも関わらず、自分が先頭に立って契約を獲得してくるらしい。週に最低5か所へはパーティーに行って人脈を開拓して、面白そうな人がいたら仲良くなって、絶対にその後飲みに行くそうです。

 

たぶん、彼の辞書には「社交辞令」なんて言葉はないんですよね(笑)  Facebookの友達は4000人を超えていて、このペースでいくとあと2年くらいで登録できなくなるらしいです。自分の300人とはえらい違いですよね。まあ、それでもわりと多いほうだとは思いますけど。自分、それなりに社交的なんで。

 

そんなだから、彼は恐ろしいくらい女性にもモテました。女子大生にタレント、モデルの卵、ミスコン経験者に丸の内OLまで。「東京にはこんな綺麗な女がいっぱいいたのか」って思いましたね(笑) いや、彼みたいな人がごそっとかっさらっていくから、俺みたいな男の前には現れないんでしょうか。

 

でも、彼自身は今はそこまで女遊びには興味がないみたい。

 

「20代のうちに散々食い尽くしたから(笑)」

 

なんて冗談めいた口調で言うんですけど、全然冗談に聞こえないという(笑) それでも、今は気の置けない男友達と過ごしたり、仕事のことや将来について語り合ったりするほうが楽しいみたいです。

 

もう、その時の僕はユウヤにメロメロで、すべてが格好いい、ユウヤみたいになりたいと思ったんです。だから、思い切って今までコンプレックスだった自分の「毛深さ」に向き合ってみることにしました。彼の手入れされたツルツルお肌は、妙な清潔感と色気があって、惹かれたんです。まあ、仕事とかよりも真似しやすいって部分もありましたけど。

早速「脱毛ランキング」で検索 痛くない家庭用脱毛器は?

脱毛

とはいえ、脱毛サロンに通うと、俺みたいな「全身剛毛男子(笑)」はいくらあってもお金が足りないので、「家庭用脱毛器」を買ってみることにしました。最近のやつは性能が上がっていて、人によってはちゃんと効果が出るって聞いたんですよね。

 

ネットのオススメとか口コミを見て、『ヤーマン』の脱毛器に決定。注文したらわずか1日で届きました。説明書を読んだらすごく丁寧で、正直「これなら自分でもできるな」「わざわざお金と時間費やしてサロンに行く意味ないな」って思っちゃいましたね。「時は金なり」って言いますけど、脱毛は通う時間や予約する時間が面倒だと思います。

 

とはいえ、初心者なので、最初は人目につきにくい部分でチャレンジしてみることにしました。具体的に言うと「足の指」。体毛が薄い人にはわからないかもしれないけど、自分のような人間はこういう部分にも黒々とした、太い毛が生えているんですよ。

 

脱毛器のフラッシュを当ててみると、毛が焦げる臭いが部屋に立ち込めました。想像以上に威力があるみたい。でも、肌が痛くなるかというとそんなこともなく、刺激も少ない感じ。これなら、他の部位でも大丈夫そうです。

 

気分は石田◯一? 脱毛器の効果にも満足

足

その後、週に3回程度足の指の脱毛を行いました。一ヶ月もすれば、ムダな毛もすっかりなくなり、驚くほど綺麗に。

 

そうそう、ユウヤっていつも革靴を裸足で履いてるんです。最初見たときは「石田◯一かよwさすがにないでしょ」と思ったんですけど……今ならその格好良さがわかる。

 

イタリア人みたいでいいんですよね。でも、そうするためには足先までちゃんとケアしておかないとダメなわけで。だからこそ、ユウヤも足の指先まで脱毛は欠かさないみたい。

 

今では、自分も同じ領域に達しました。もちろん、これで会社に行くわけではないですけど、週末、試しに「素足革靴」で六本木を散歩してみたり。気分はもう石◯純一。数ヶ月前に、彼女にこっぴどく捨てられた男とは思えないですよね(笑)

 

でも、もういいんです。その件は忘れましたから。今は、新しい自分に生まれ変わっていくのが楽しみで仕方ないんです。今はまだ足の指先しかユウヤと同じ領域に立てていないですけど、今後、もっと男として剥けていくから見ててください。

 

――失恋と出会いを機に、「いいオトコ」への道を力強く歩きだした直樹。はたして彼は今後どんな風に変わっていくのか? そして次はどんな部位を脱毛するのか?
続く

東京脱毛器男子1「男は別ファイル保存、女は上書き保存」
東京脱毛器男子2「六本木タワーマンションへ引っ越した先には…」
東京脱毛器男子3 「偽りの自分を演じる飢えた獣たち」
東京脱毛器男子4「傷つく度に、いいオトナのオトコへと変貌を遂げていく」
東京脱毛器男子5「気分はハリウッドセレブ」
東京脱毛器男子6「新しい自分に慣れた時 それは成長した証拠だ」
東京脱毛器男子7「直樹(30) 恋に仕事に歯車が絡み始める」
東京脱毛器男子8「始める、女子大生狩り」
東京脱毛器男子9「誰が裏切っても、綺麗なお肌は裏切らない」
東京脱毛器男子最終話「直樹(31)新しい人生の幕開け」