東京脱毛器YouTuber1「直樹(31)新たな道へ進み始める」

「男は男らしく、女は女らしく」

 

かつての日本では、そのような言葉がよく聞かれた。しかし、ジェンダーレスが進む今の日本では、多様な生き方が許されている。大卒理系女子に専業主夫、女性社長などかつては少なかった種類の人も増えてきた。

 

見た目だってそうだ。女子力男子にジェンダーレス男子など、男子が「美」を意識して自分を磨くのも珍しい話ではない。しかし、そこにはまだまだ色んな現実の壁があるのもまた事実なのだが……。

 

この物語の主人公は大手PR会社で営業職として働く鈴木直樹(31)。以前は新卒で入社した人材派遣会社で働いていたが、5年間交際した恋人の裏切りと、六本木での狂乱の日々を経て、異業種へと転職。年収も550万円と以前よりも150万円もアップした。(http://orenohige.com/blog/

Man in suit

六本木時代に脱毛にのめり込んだこともあって、今はもうすっかりスベスベお肌な直樹。しかし、自分と同じ悩みを持つ若き青年との出会いが、脱毛へのアツい想いに再び火をつける。この物語は、「男なんだから見た目を気にする必要はない」「美しくなりたいと思うのは変だ」という同調圧力と戦っていく、そんなひとりの男の格闘の物語である。

 

脱毛器で生まれ変わった俺に、もう迷いはない

アラサー男子続編第1話-1_2 (Small)
お久しぶりです。皆さん、あれから元気でしたか?

 

上にも書いているように、俺はPR会社に転職しました。場所は赤坂。一応、業界では一番手のところです。役職はないけど、給料は格段に良くなって生活レベルも上がりました。

 

1年前の俺は「稼ぎが少ない」という理由で元カノにフラレて自信を失っていたけど、今の自分の経済力ならフラレなかったんじゃないかな、と正直思いますね(笑) だって、よく言うじゃないですか。世の中の女性が結婚相手に求める年収は600万円だって。昔なら高い壁だったけど、今はもう手に届いてるんだから不思議ですよね。

 

でもまあ、やってる仕事は下っ端仕事なんですけどね、思いっきり。毎日毎日WEB媒体相手に「記事化のご検討、よろしくお願いします」なんて言って読まれないプレスリリース送る日々。送ってる当人が面白いと思ってないんだから、そりゃ無視されるんだけど(笑)

 

でも、六本木時代に男女問わず色んな人間と接したんで、全然苦じゃない感じです。

 

あとは、企業の新商品発表会などのイベントにスタッフとして参加するとか。たまにタレントさんに会えるけど、ほら、自分って六本木時代に散々綺麗な女と遊んでたじゃないですか?(笑) だから、とくにモチベは上がらない感じですよね。

 

え? 年収600万にはまだ足りてないって? ああ、すいません。話してなかったことがありました。じつは俺、最近副業をしているんです。会社の仕事に支障をきたさない限り、うちは副業OKなんです。そこでの副収入で、トータル600万を超えるってわけ。

 

その副業ってのは……じつはYouTuberです。そう、YouTubeで商品とか紹介したりするあのYouTuber。じつは、自分自身の「脱毛」の経験を生かし、それを動画上で伝えるチャンネルをやっているんです。その名も「スベ男チャンネル」。家庭用脱毛器の紹介やレビュー、脱毛に関する知識などをわかりやすく解説しています。

 

オススメ脱毛器をレビュー 「YouTuber」として活動

アラサー男子続編第1話-1_3
なんでこういうことを始めたかと言うと、2つ理由があります。

 

1つめは、「自分と同じ悩みを抱えている人を助けたい」って思ったから。家庭用脱毛器ってそもそも、色んな事情を抱えた人が辿りつくものじゃないですか? クリニックに行くお金や時間がないとか、人に見られること自体が恥ずかしいとか。男性の場合、とくに「サロンやクリニックに行くのが恥ずかしい」って気持ちが強いと思います。普通の男性でさえハードル高いのに、もじゃもじゃの男が気軽に行けるわけがない。

 

だからこそ、YouTubeで発信することにしたんです。とは言っても、最初は軽いノリだったんですけど。会社にバレるのもアレだったし、「覆面の美肌YouTuber」って感じで出始めました。

アラサー男子続編第1話-1_4 (Small)

2つめは、まあお金です(笑) 知ってますか? YouTuberの月額平均給与って月747万なんです。野球選手、競馬騎手に次ぐ数字なんですよ。動画上では一見おちゃらけたことしてますけど、元ではほとんどいらないし、スポーツ選手みたいに長年の蓄積が必要なわけでもない。アイデアとネット市場を見抜くマーケティング能力さえあれば一気に成り上がれる、今一番リターンの大きな職業なわけです。

アラサー男子続編第1話-1_5 (Small)

スタバでMacポチポチして意識高い系気取ってるやつは、本当に稼ぎたいんならさっさと動画の1本でもあげりゃいいんですよ(笑)
続く

東京脱毛器YouTuber1「脱毛クリニックに行けない剛毛男子、現る」
東京脱毛器YouTuber2「まだ脱毛で消耗してるの?」
東京脱毛器YouTuber3「剛毛コンプレックスを乗り越えろ」
東京脱毛器YouTuber4「猿男、脱毛レクチャーを受講」
東京脱毛器YouTuber5「全身脱毛も家の中で可能に?」
東京脱毛器YouTuber6「ヒゲも脱毛 意外にイケメンに?」
東京脱毛器YouTuber7「美容男子がたどり着いた悟りの境地」
東京脱毛器YouTuber最終回「好きなこと(家庭用脱毛器)で生きていく」