東京脱毛器YouTuber3「剛毛コンプレックスを乗り越えろ」

自身の脱毛経験をいかし、「謎の覆面脱毛系YouTuber」として活動し始めた鈴木直樹。動画でわかりやすく家庭用脱毛器のメリット、デメリットや、脱毛方法・知識を伝える直樹は、同じ悩みに悩む男性はもちろんのこと、女性からも次第に人気を獲得していく。

 

そんな中、一通のメールが彼のもとに届く。「猿男」と名乗る、20歳の大学生だ。毛深いことに悩む彼の姿に、直樹はかつての自分を重ね、自分のチャンネルに出演し、家庭用脱毛器で脱毛することを提案する。

 

果たして、ゴリラのように毛深い若き青年は変身できるのだろうか?

「幕のような腕毛」を人気脱毛器で蹴散らす

アラサー男子続編第2話-1_1 (Small)
4月の柔らかな日差しが差し込む広尾のカフェ。心地よいジャズをBGMに、席に座りながらKindleで読書をしていると、カランコロンと音がなりました。その瞬間、店の雰囲気が変わったことを感じます。

 

みなが向く方向を見ると、ひとりの毛むくじゃらの若者が辺りをキョロキョロしていました。例えるなら、カールおじさん。いや、カールおじさんだと口だけなので、もっとスゴいです。

 

濃いヒゲで覆われた口周りは頬も見えないレベルで、数年間、無人島で暮らしてたと言われても疑わないような感じ。上質な空間に不釣合いなTシャツの首元からは胸毛がはみ出ており、腕まくりしたところを腕毛がふわっと覆っています。

 

まるで、腕の外にもうひとつの膜があるような、剛毛男子特有の雰囲気。並の男子なら外側だけで、腕の内側までは濃くないんですけど、彼はそこもわっさあとなってました。見えていない部分、たとえばギャランドゥや足のすね毛も相当すごいことが人目でわかる感じです。まさに、昔の自分がそこにいました。

 

呆然と見つめている俺と目が合うと、彼はのっしのっしとこっちに向かって歩いて来ました。その瞬間、周囲にいた広尾レディたちがのけぞり、後ができます。

 

まるで、モーゼが現代に降りてきたかのようです。このカフェは広尾という土地柄、外国人男性の客も多いんですけど、猿男くんは彼らを軽く上回る毛深さでした。俺は、今さらこの場所で彼と会う約束をしたことを少し後悔していました。

※※※

「俺は人間じゃなく多分猿なんです」

 

席に着くなり、猿男くんはそう言いました。村上春樹の作品に出てきそうなあだ名ですが、実際はただの非モテ男で、毛むくじゃら過ぎてたまに陰毛で大事な部分が見えなくなることもあるそうです。サイズもあると思うんですけど、かなりヤバい話ですよね。一体、この話に共感できる人はどれくらいいるんだろうか…。

 

「毛が濃くなり始めたのは小学校高学年の頃。成長とともに1本1本も太く、強くなっていき、高校生のときには今みたいに剛毛になっていました。体育の時、恥ずかしくて夏でも長ズボンを履いてたので、変なやつって悪目立ちしてましたね。

 

でも、すね毛見られてキモいって言われるよりマシなんで……。それでも、汗をかくと蒸れて臭ったりしてましたけど。

 

この毛深さのせいで、恋愛にも積極的になれないんです。だって、今時の女性って中性的な男性を好みがちじゃないですか? 僕っていかにも男性ホルモン多そうな見た目だし、清潔感もない。

 

朝にきっちりヒゲそっても、夕方にはもう伸びていて、猿になってるんです。デート中、人間から猿に変わるんですから、女の子も嫌ですよね(笑)

 

ネットを見れば

 

『毛が濃くても大丈夫』

 

『逆にまったくないほうがキモい』

 

なんて言いますけど、あんなの本当に毛深い男子を知らないだけなんです。ああ、はやく毛深さから自由になって、東京でいいオンナたちと遊びたい。俺も合コンとかクラブとかパーティーとか行ってオンナ遊びしまくりたい」

アラサー男子続編第2話-1_2 (Small)
ひたすら自分の悩みを語る彼に、俺は涙が出そうになりました。そのどれもに、深く共感できたからです。と同時に、彼を心から救ってやりたいと思いました。

 

そして、俺は改めて彼にチャンネルへの登場を提案しました。それはお互いにとって「ウィンウィン」であり、遊びではなくあくまでビジネスの一貫であることを俺は彼に話しました。彼は俺の語るすべてに頷きました。そして、その1週間後、「スベ男チャンネル」に初登場したんです。

続く

東京脱毛器YouTuber1「脱毛クリニックに行けない剛毛男子、現る」
東京脱毛器YouTuber2「まだ脱毛で消耗してるの?」
東京脱毛器YouTuber3「剛毛コンプレックスを乗り越えろ」
東京脱毛器YouTuber4「猿男、脱毛レクチャーを受講」
東京脱毛器YouTuber5「全身脱毛も家の中で可能に?」
東京脱毛器YouTuber6「ヒゲも脱毛 意外にイケメンに?」
東京脱毛器YouTuber7「美容男子がたどり着いた悟りの境地」
東京脱毛器YouTuber最終回「好きなこと(家庭用脱毛器)で生きていく」